bannar

ドクターイエロー


写真
ドクターイエロー(2013.7.29携帯にて新大阪駅で撮影)

カープ電車


写真
カープ電車(2012.4.23携帯にて広島駅で撮影)

油樽地蔵(愛知県半田市)


写真
油樽地蔵(愛知県半田市)

油樽地蔵の由来

 この地蔵さんは享保十年、今より一一六六年前にこの地方に来た六部(修行僧)が、小川に沈んでいた地蔵石仏を見つけて拾い上げて付近にあった油樽を伏せて、その上に地蔵さんを安置してお祀りしたので、誰言うとなく油樽地蔵さんと呼ばれるようになった。

 愛知県半田地方は地蔵信仰が盛んで、特に天明寛政以降地蔵石仏が多く建てられました。

 地蔵尊を大別すると不慮の事故で亡くなった人を弔う「供養地蔵」と悪霊が村に入るのを防ぐとともに街道の道標の役目を果たす「道祖神」に分けられます。

 この地蔵さんは、岩滑街道と深谷街道との分かれ道に、その後仮堂に祀られていたものを昭和5年知多鉄道(現在の名鉄)の開通と大野街道の開通に伴い現在地に本堂に建立されたものです。

 事後60有余年、その間戦中戦後の物資不足時代も欠かすことなく、毎年8月24日の命日に「町内安全」「交通安全」等の祈願を営んできました。

 この油樽地蔵は上半田の信者のみでなく、ここ数年来から近隣町村よりの参詣が日毎に多くなりました。

 これも先輩達の足跡であり、又文化財産でもあり、貴重な共有の財産でもあります。

 これからも大切に次の世代に申し送る義務があると思います。

 多くの信仰厚き善男善女のお参りくだされば幸いに存じます。

合掌


東京駅


写真
東京駅

赤レンガ建物(愛知県半田市)


写真
赤レンガ建物(愛知県半田市)

banner